お問い合わせ

今すぐお問い合わせ

受付時間 / 9:00~18:00

 定休日/ 日曜祝日

Q&A

Q
加圧をすることによって体にどんな作用がありますか?
A
血液が流れやすくなります。

加圧ベルトを巻き血流を適切に制限することで、その後血液が流れやすくなります。加圧前の血液の流れにくさを1とすると、加圧中はその1.7倍になります。ベルトをはずすと0.6まで下がって血流が増大します。
Q
血流を制限するということは血を止めることですか?
A
いいえ、違います。

適正な圧で血流を制限するので、完全に血流を止めるわけではありません。
Q
適正圧とはどのくらいですか?
A
人によって違います。

ベルトの圧は、その人に合った適正な圧で行います。有資格のトレーナーが適正な圧を設定しますので安全で安心して行えます。
Q
血流を制限するにはどんな方法がいいですか?
A
専用の加圧ベルト以外は使わないでください。

血流はただ制限すればいいというわけではありません。専用の加圧ベルト以外のものを使うと、筋肉が動いたときや太くなった時に過大な圧がかかり大変危険です。自己流はやめましょう。
Q
血流を制限すると体に悪影響はありませんか?
A
適正な圧なら大丈夫です。

加圧トレーニングにとって最も重要なのは適正な圧です。これによって適切に血流を制限し、効果が上がります。制限しすぎると血液が筋肉に流れにくくなり、虚血状態に陥ります。素人判断で加圧を行うのは大変危険です。
Q
加圧トレーニングを始めるにはどうしたらいいですか?
A
まずは体験の問い合わせからご連絡ください。

KAATSU JAPAN認定の加圧インストラクターが対応します。体験の際にカウンセリング、目標設定、加圧トレーニング体験を行います。続けられそうな場合はご入会となり、次回以降のプランをたてていきます。
Q
あまり筋肉をつけたくないのですが・・・
A
安心してください。ムキムキにはなりません。
ボディビルダーのようにムキムキの筋肉になるには、それなりの食事と筋肉を大きくするトレーニングを積み重ねないと出来上がりません。通常の加圧トレーニングは、バランスの良い引き締まった体を目指しています。
Q
加圧トレーニングと通常のトレーニングではどのくらい効果に差がありますか?
A
歴然とした差がでます。

加圧トレーニングと通常のトレーニングで筋肉のつき方を比べると、ハードな通常のトレーニングよりも軽い負荷の加圧トレーニングのほうが効果が高いという実験結果が出ています。
Q
加圧トレーニングはやればやるほど効果がありますか?
A
週一回で十分効果を感じられます。

通常のトレーニングの何倍も効果があるので、毎日必死にやる必要はありません。適度なトレーニングで長く継続したほうが効果があります。
Q
ケガをしたときでもトレーニングできますか?
A
医師への相談が必要です。

加圧トレーニングは、医療分野でも活用されているトレーニングです。あまり体に負担をかけないでトレーニングできますが、ケガをしたり病気になった場合は、必ず医師へ相談し、指示を仰いでください。
お問い合わせ

お問い合わせはコチラ

受付時間 / 9:00~18:00