栄養

川口市 加圧トレーニング パーソナルトレーニング ダイエット
2017年12月29日

ダイエットして痩せるのは簡単?美容にも健康にも良い体をつくるには【川口市パーソナルトレーニング】

  『ダイエットして痩せるのは簡単ですよ』 という話を聞きました。   ダイエットしてなりたい体重になるためにどんなことをして痩せたのか聞いてみました。   ・一日3食朝昼晩の食事を減らす。   ・一食を単品にする。   ・水も油も控える。   たしかに、これを毎日続けることで体重は落ちてくると思います。   ですが、筋肉量も落ち、皮膚もたるみ、お肌はカサカサになってしまうのではと心配です。   ただ体重だけを落とすダイエットでは、その後、体に異変となって表れるので注意したいですね。   食物繊維と油が少ないと便秘になりやすいですし、水分と油が少ないとお肌はカサカサになりやすいです。   全体的にカロリーが少ないことで体力が落ちたように感じますし、栄養バランスが良くないと風邪や病気にかかりやすかったり、貧血になりやすかったりします。   体重を減らすためにダイエットをする場合でも、体が壊れてしまってはダメですね。         整ったボディラインをつくる、美容的にも健康的にも恵まれた体をつくる、リバウンドしにくい体をつくる。   美しい体を目指すならこの三つを意識するのが良いですね。   そのためには、しっかり栄養のバランスよく食べる、循環を良くするために適度に運動する。   体をつくるには5大栄養素が必要です。   5大栄養素って覚えていますか?   タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル。   これが体をつくってくれます。   そして、体を動かすためのエネルギーとなる3大栄養素。   3大栄養素とは、   タンパク質、炭水化物、脂質。   1gあたり、4、9、4キロカロリーの熱量があります。   この3大栄養素をしっかりとっていないと筋肉や骨からも栄養を奪われてしまうのでしっかり摂るようにしていきましょう。   栄養が満たされた状態で体を十分に動かす。   動かしたら栄養バランスよく食べる。  …

2017年12月14日

ダイエット、美容、健康のためにプロテイン(タンパク質)を摂取するとどうなる?

  ダイエット、美容、健康のためにプロテイン(タンパク質)を摂取する人が増えてきました。   タンパク質とは、英語で言うとプロテイン。   ギリシャ語で言うとプロティオス(優先的、まず第一にという意味)。   体をつくるためにはタンパク質がないとつくれません。   第一優先でタンパク質を摂ってあげることで体も変わってくるので積極的に摂るようにしていきましょう。   三大栄養素の一つタンパク質は、体重1gに対して4キロカロリーの熱量を持ちます。   因みに脂肪は、体重1gに対して9キロカロリー。   脂肪100g摂取すると900キロカロリー タンパク質200g摂取しても800キロカロリー   同じカロリーだけ摂ろうとすると、タンパク質が多いほうがお腹いっぱい食べられます!   そして体を作ってくれるというなんとも嬉しい栄養素。   体を動かすためには欠かせない栄養素なので目的に合わせた量で摂取したいですね。       たまに タンパク質を摂ると太るじゃん! と言われることもありますが、そんなことはありません。   そういった方にお話を聞くとだいたいタンパク質以外のもので太っているんですよね。     体を作ったり修復してくれるタンパク質を減らすより、余分な脂肪になりやすい脂質、糖質を減らしたほうがいいですね。     タンパク質を摂ることでこうなったよって会員の方から言われました。   ・髪の毛がツヤツヤになった ・肌がスベスベでキレイになった ・爪がまっすぐでキレイになった ・体重が減った 減りやすくなった ・太りにくくなった ・体脂肪率が下がって引き締まってきた ・平均体温が高くなってポカポカ ・小顔になった ・友人から整形したでしょって言われた ・化粧のノリがよくなった ・化粧なしスッピンでも平気になった ・かかとがスベスベになった ・唇がカサカサしにくくなった   など。   ※体に感じる効果は人それぞれです。…

川口市 加圧パーソナルトレーニング ダイエット 冷え むくみ 改善 悩み 女性 下半身 運動
2017年12月12日

健康的にダイエットするなら栄養バランスが大事【川口市30代40代からのダイエット】

健康的にダイエットするなら栄養バランスが大事です。   糖質(炭水化物)が少なかったり 脂質が少なかったり タンパク質が少なかったり ビタミンが少なかったり。   健康的な体を作る、維持するためには、五大栄養素をバランスよく摂ることが大事です。   バランスよく各栄養たちが手を繋ぎ合うことで体の組織を作ったり、調子を整えたりします。         ダイエットしているから炭水化物を食べない   とか   ダイエットしているから食事を食べない     とか       それを続けていると体調を崩すので気を付けてください。   -------------------- 加圧スペシャルインストラクター ダイエットプロフェッショナルアドバイザー 佐藤 史隆 -------------------- プライべートサロンH&S KAWAGUCHI ㏋:http://kawaguchi-kaatsu.com/ 〒332-0035 埼玉県川口市西青木1-4-12 tel:048-494-8088 --------------------

川口市 ダイエット パーソナル 肉 加圧 タンパク質
2017年12月10日

ダイエットの落とし穴-痩せる目的でプロテイン(タンパク質)を飲むなら効果より値段、味が大事!?(3)

  ◆太らない食べ方ってあるの?   よく質問を受けます。   太らない食べ方ってあるの?って。   答えは、太らない食べ方はいろいろあります笑   ひとつの方法としてこういう食べ方(栄養の摂り方)があります。   ・体を作るタンパク質を多めに摂り、脂肪となる脂質と糖質(炭水化物)を控える摂り方   タンパク質は、血液、血管、骨、皮膚、筋肉、髪の毛、爪、内臓、ホルモン、細胞を作ったり修復したりするので積極的に摂ります。   逆に気になる脂肪になる脂質はちょこっとだけにしておきます。   コンビニ、弁当、菓子パン、カップラーメン、インスタント食品、ジュース、洋菓子、スナック菓子などは控えて、自炊してPFCバランスを考えた食事を摂る方がやりくりしやすいですね。       ◆体をつくるタンパク質の摂取目安は?   タンパク質の摂取目安は人によって違ってきます。   お試し体験の際やレッスン中、レッスンが終わってからよくそういったお話をしています。   タンパク質の摂取目安、タンパク質の種類、タンパク質を摂取する時間など。   健康的な体づくりを目指すならそういったこともこだわることで効果が実現しやすくなるのではないでしょうか。       ◆効率よくタンパク質を摂る方法は?   タンパク質は、肉、魚、豆、乳に主に含まれています。   でも、カロリーが気になるし食べたくない!という方もいらっしゃいます。   特に肉を食べるときに一緒に摂ってしまう脂肪と糖質が気になるところだと思います。   体内に入ったら脂肪になりやすいですし。   肉から脂肪と糖を取り除いて、効率よくタンパク質を摂りたいならプロテインドリンクがおすすめです。   当店では、プロテインとかシェイクとか言っています。   プロテインは、タンパク質とタンパク質をうまく体内に吸収しやすくするような栄養が凝縮されて入っているので、無駄な栄養は摂らなくてすみます。   私も通常の食事とプロテインシェイクで不足しやすい栄養を補足しています。   食事だけで必要な栄養が必要なだけ摂れれば良いですが、余計な栄養も摂ってしまうので、効率よく美しいボディラインを作るならプロテインが必要です。   プロテインは、誰のためにあるのか?  …

川口市 ダイエット パーソナル 肉 加圧 タンパク質
2017年12月10日

ダイエットの落とし穴-痩せる目的でプロテイン(タンパク質)を飲むなら効果より値段、味が大事!?(2)

◆ダイエット効果をつくるために必要なこと   美容効果やダイエット効果をつくるためには、ちょっとした運動とバランスの取れた食事(栄養)と十分な休息が必要です。   その中の栄養のお話です。   健康的な体づくりで主に必要な栄養は、三大栄養素のタンパク質、糖質炭水化物、脂質。   もし体重を減らしたいならこのタンパク質、糖質炭水化物、脂質のバランスを調節してあげるといいですね。   タンパク質 プロテイン Protein 脂質 ファット Fat 炭水化物 カーボ Carbohydrate   この3つのバランスをPFCバランスといいます。   このPFCバランスを考えながら食事を選ぶようにします。       ◆食べたら太るじゃん!?   食べたら太ると思います。   でもそれは、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いからではないでしょうか。   私たちは動物なので、動く分だけ食べなければ生きていけません。   もし、動く分以上に食べてしまったら太ってしまうと思います。   そして、体重1gあたりのカロリーは、   タンパク質 4キロカロリー 脂肪 9キロカロリー 炭水化物 4キロカロリー   なので、同じ量で摂取カロリーを減らしたいなら脂質を減らすといいと思います。   例えば、100gの脂肪(900キロカロリー)と200gのタンパク質(800キロカロリー)なら後者のほうがカロリーは少なく量が多いので心も体も満足できるはずです。       ◆太ってしまったらどうしたらいいか?   対処方法はいくつもありますが、簡単な方法はこの2つ。   摂取カロリーよりも消費カロリーを上げる方法 消費カロリーよりも摂取カロリーを下げる方法   摂取カロリーよりも消費カロリーを上げる方法は、熱を発生させること。   例えば、運動する。   とか。  …