リハビリ

加圧 トレーニング KAATSU CYCLE サイクル ケガ 怪我 リハビリ 不眠 疲労 スポーツ 選手 アスリート パーソナル GLOBAL グローバル 
2022年09月24日

加圧サイクルが世界のスポーツ医学連盟にプレゼンテーションFIMS2022

加圧サイクルが世界のスポーツ医学連盟にプレゼンテーションFIMS2022         ◆加圧サイクルが世界のスポーツ医学連盟にプレゼンテーションFIMS2022   アメリカ合衆国カリフォルニア州ハンティントンビーチにKAATSU GLOBAL本部があります。   グローバルな血流制限(BFR)市場のパイオニアであるKAATSU GLOBALは、第37回世界スポーツ医学会議FIMSでプレゼンテーションを行いました。   第37回世界スポーツ医学会議FIMSは、国際スポーツ医学連盟によって組織され、2022年9月22日-25日にメキシコのグアダラハラで開催されています。   加圧サイクルが世界のスポーツ医学連盟にプレゼンテーションFIMS2022について書かれたブログを下記に貼付しておきます。                 ◆KAATSU GLOBALのブログ   KAATSU GLOBAL 第37回世界スポーツ医学会議FIMSでの加圧サイクルの発表 ↓ ↓ ↓ https://www.kaatsublog.com/2022/09/kaatsu-presentation-at-37th-world.html       Youtube動画 加圧サイクルについて撮影しました ↓ ↓ ↓ https://youtu.be/jmIbyubTmHc   【美容と健康のお手伝い】 プライベートサロンH&S ・加圧トレーナー ・ファスティングカウンセラー 佐藤 史隆  

加圧 トレーニング KAATSU CYCLE サイクル ケガ 怪我 リハビリ 不眠 疲労 スポーツ 選手 アスリート パーソナル GLOBAL グローバル 
2022年09月23日

体が痙攣(けいれん)の原因は血流が低下の病気?加圧サイクルで改善

体が痙攣(けいれん)の原因は血流が低下の病気?加圧サイクルで改善         ◆体が痙攣(けいれん)することないですか?   体が痙攣(けいれん)することないですか?       例えば   ・ふくらはぎが痙攣(けいれん) ・ほっぺたが痙攣(けいれん) ・眉毛が痙攣(けいれん) ・顎が痙攣(けいれん) ・太ももが痙攣(けいれん) ・指先が痙攣(けいれん)       それらの痙攣(けいれん)の原因は、もしかしたら血流が低下の病気かも?   先日、KAATSU GLOBALのブログに書かれていた痙攣(けいれん)の病気の名前。   レイノー病 (レイノー現象、レイノー症候群)       ◆レイノー病とは   レイノー病とは、 指趾の末端動脈における血管が痙攣(けいれん)を起こして細くなる病気なんだそうです。   特に、寒冷刺激や精神的なストレスによって生じることが多いとか。   私自身もフィットネスクラブ時代に過度のストレスで顔の痙攣(けいれん)が止まらなかった経験があります。   私の場合は、加圧トレーニングをはじめてから顔が痙攣(けいれん)することはなくなりました。       KAATSU GLOBALのブログでは、レイノー病の方は、加圧サイクルトレーニングをゆっくり行うことをすすめています。   毛細血管組織をより弾力性と弾力性のあるものにするために、ゆっくり時間をかけて加圧サイクルトレーニングをするようにとアドバイスしています。       痙攣(けいれん)が続く方 痙攣(けいれん)を改善したい方 痙攣(けいれん)で悩んでいる方…

加圧 トレーニング 70歳 女性
2022年09月22日

脚が浮腫むのが悩みの70歳女性 加圧で浮腫みが改善

脚が浮腫むのが悩みの70歳女性 加圧で浮腫みが改善         ◆加圧専門パーソナルトレーナーのブログ   脚が浮腫むのが悩みの川口市在住70歳女性のお客様。   初めは、あまり信用していなかった加圧トレーニングの効果。   お試し体験から週1回で通って数ヶ月。   加圧トレーニングの効果が実感できたようで、夜も脚が浮腫まなくなったそうです。   特にふくらはぎ。   『加圧トレーニングはやっぱり効果あったんだね~』   ということで、最近は来れる予定のときは週2回で加圧トレーニングを実施しています。   何歳になっても血管は柔らかくなります。 何歳になっても細胞は作られ新しく生まれ変わります。 何歳になってもターンオーバーはあります。   加圧トレーニングで健康づくり。   これからも無理なく続けていきましょう。       ⇒口コミ・お客様の声   ⇒加圧トレーニングとは       【美容と健康のお手伝い】 プライベートサロンH&S ・加圧パーソナルトレーニング ・ファスティングカウンセラー 佐藤 史隆    

子供 チルドレン 支援 ボランティア 社会貢献 活動 行動 アースデイ
2022年09月15日

加圧サイクルトレーニングを2歳児と一緒に通いたい

加圧サイクルトレーニングを2歳児と一緒に通いたい       ◆加圧専門パーソナルトレーナーのブログ   加圧サイクルトレーニングを2歳児と一緒に通いたいとお問い合わせをいただきました。   お問い合わせありがとうございます。   ぜひいらしてください。     プライベートサロンH&Sのパーソナルトレーニングは、マンツーマンの加圧サイクルトレーニングを採用していますので、0歳児、1歳児、2歳児など、小さなお子様と一緒に通うことができます。   プライベートサロンH&Sの加圧サイクルトレーニングは、 産後ダイエット、産後ケア、体力回復、キズの回復、お腹のたるみ改善、姿勢改善、骨盤の歪み改善、体脂肪率の調節、体重管理、健康管理、脂肪燃焼、老化対策アンチエイジング、美肌、美容、病気対策、リハビリ、ゴースト血管対策、冷え対策、むくみ対策、ターンオーバー促進、 など、目的はお客様ひとりひとり違います。   何かひとつ当てはまるものがある場合は、お気軽にご相談ください。   過去のブログを読んでいただけるとなんとなくイメージできると思います。     ◆過去のブログ◆ http://kawaguchi-kaatsu.com/blog/blogc/cat_voice/       【美容と健康のお手伝い】 プライベートサロンH&S ・加圧パーソナルトレーニング ・ファスティングカウンセラー 佐藤 史隆  

加圧 トレーニング KAATSU CYCLE サイクル ケガ 怪我 リハビリ 不眠 疲労 スポーツ 選手 アスリート パーソナル GLOBAL グローバル 
2022年09月02日

加圧トレーニングが国際スポーツ医学会FIMSでシンポジウム開催

加圧トレーニングが国際スポーツ医学会FIMSでシンポジウム開催   ◆加圧トレーニングインストラクターのブログ   いつも加圧トレーニングインストラクターのブログを読んでくださりありがとうございます。   KAATSUのheadquartersである米国KAATSU Global社からのお知らせが届きました。   ◆KAATSUのheadquartersである米国KAATSU Global社からのお知らせ 2022年9月22日~25日、メキシコで行われる、第37回世界スポーツ医学会(FIMS2022)において、KAATSU(加圧トレーニング)のシンポジウムが開かれます。   https://fimsmexico2022.com/en/welcome/   https://fimsmexico2022.com/wp-content/uploads/2022/08/Programa-FIMS-4.6.7-1.pdf         The International Federation of Sports Medicine:国際スポーツ医学会(FIMS)は、世界4大陸のスポーツ医学会と117カ国の国内スポーツ医学会を擁し、12万5千人の医学博士を束ねています。 国際オリンピック委員会(IOC)および国際パラリンピック委員会(IPC)から認められた組織で、1928年に11カ国の医師によって設立され、当初は「国際スポーツ医学会」(AIMS)と名づけられました。 同年8月、第9回夏季オリンピック大会の期間中、アムステルダムで第1回国際会議が開催されました。   それ以来、FIMSは講座や国際イベント、そして年2回の主要イベントである「世界スポーツ医学会」(第37回大会、2022年にメキシコのハリスコ州で開催予定)を通じて、その目的をさらに推し進めています。   FIMSの主な目的は、世界中のスポーツ医学の研究と発展を促進し、心身の健康を守り、スポーツや運動をするすべての人々の健康を確保すること、また、アスリートが最適なパフォーマンスを達成し、遺伝的潜在能力や健康、栄養を最大化し、高品質の医療とトレーニングへのアクセスを保証することにあります。   第37回世界スポーツ医学会(FIMS2022)が2022年9月22日(木)から25日(日)まで、メキシコ・ハリスコ州のグアダラハラで開催されます。 この会議では以下のような、世界的に関心の高い現在の問題を取り上げる予定です。 * スポーツ医学 * スポーツ心理学 * スポーツ栄養学 * スポーツにおける生化学と生理学 * ドーピング、アンチドーピング、公正と誠実 * ドーピングとアンチ・ドーピング * スポーツにおける遺伝学および分子生物学 * スポーツにおける物理療法とリハビリテーション * スポーツにおける傷害予防のための技術利用 * スポーツの練習に起因する傷害…